片寄涼太の両親や兄弟は?怖いと噂の父親は面白くて愛情深い人だった!

現在GENERATIONSのボーカルとして活躍する片寄涼太さんを知っていますか?

高い身長と甘いルックスで多くの女性ファンを虜にしています。

最近ではドラマや映画にも出演して、俳優としても活躍中です。

そんな片寄涼太さんについて両親や兄弟のこと、噂になっている父親のことをまとめてみました。

GENERATIONS・片寄涼太の両親

片寄涼太さんのご両親と言えばどちらも学校の教師であるというのはファンの間では結構有名な話です。

親が教師となるとかなり頭がよく良い環境で育てられ、勉強してきたというイメージがあります。

テレビに出ている有名人でも親が教師だという人は結構います。

例えば青木さやかさん、ギャル曽根さん、草野仁さんなどは親が学校教師だと公表しています。

そして片寄涼太さんの両親も教師。

担当する教科は父親は音楽母親は英語の先生をしているらしいです。

父親が音楽の先生なら片寄涼太さん自身が、幼いころからピアノを弾いて、現在はアーティストとして活動しているのも納得がいきますね。

母親が英語教師ということもあってか、母親が外国人で片寄涼太さんがハーフなのではないかという噂もありましたが、それはなさそうです。

英語の先生をする日本人で間違いないです。

また、片寄涼太さんの祖父も音楽教師をしていたそうです。

それだけでなく祖母までもがピアニストと音楽に囲まれた一家のようです。

スポンサーリンク

GENERATIONS・片寄涼太の兄弟

片寄涼太さんに姉弟はいるのか、ということですが結論から先に言えば一人っ子で兄弟はいません

父親母親、片寄涼太さんの三人家族です。

両親ともに学校教師で片寄涼太さん一人の息子だと、きっと大切に大切に育てられたでしょうね。

片寄涼太さんは成績もよく偏差値が69もある難関高校に入学していますから、ご両親にとっても自慢の息子だったと思います。

片寄涼太さんが出演した映画「兄に愛されすぎて困ってます」では土屋太鳳さんと兄妹役を演じ、話題にもなりました。

ファンからも「お兄」と呼ばれ親しまれています。

片寄涼太さんのようなイケメンが自分の兄だったらきっと毎日の生活がドキドキですね。

スポンサーリンク

GENERATIONS・片寄涼太の父親

この投稿をInstagramで見る

Happy birthday to me!! 🍕🥂 📸今年はピザを喰らう父と。(笑)

RYOTA KATAYOSE 片寄涼太(@ryota_katayose__official)がシェアした投稿 –

さて、先ほども言ったように片寄涼太さんの父親は音楽教師をしています。

今は合唱部の顧問をしているようですが、どんな人柄なのかも気になりますよね。

同じGENERATIONSボーカルの数原龍友さんは電車で会った時に「怖い」と思ったらしいです。

GENERATIONS高校TV(通称GENE高)という番組がAbemaTVで放送されています。

GENE高はGENERATIONSのみんなが全国の高校を訪問して学生たちを応援する青春バラエティ番組です。

実はGENE高の放送100回記念に片寄涼太さんの父親が勤める高校、大阪府立夕陽丘高等学校に行きました。

この回で片寄涼太さんのお父さんが息子思いのいい父親だとGENERATIONS全員が涙を流すほど感動するものになりました。

2人でピアノの連弾を披露し、その後400人の生徒がいる前で父親が用意してきたという手紙を読みました。

音楽研究室の壁一面にGENERATIONSのポスターを貼りまくり、生徒たちにも息子大好きな先生として愛されているお父さん。声を詰まらせながら、続けた。「…自分もがんばろう、という気持ちになります。生徒に『めっちゃ息子好きですね』って言われることもあるけど、こんなに誇りをもてる息子をもてて、幸せです。これからもグループ7人、力を合わせて、たくさんの人を元気にしてください。父より」と。
引用元:AbemaTIMES

手紙を読み終えて感動している中、片寄涼太さんもお父さんに対する思いを打ち明け「親孝行できてよかった」と告げていました。

素敵な親子ですね。

片寄涼太(GENERATIONS)の経歴は?頭がいいのに高校中退!?

GENERATIONS・片寄涼太の家族まとめ

片寄涼太さんの両親や兄弟の有無、父親についてまとめてみました。

ご両親ともに学校の先生で祖父祖母も音楽にかかわる音楽一家であることで、今の片寄涼太さんが頭もよくて、さらにアーティスト活動をしているのもわかりますよね。

また、GENERATIONSはメンバーのことを家族のように思う気持ちなんかも改めて理解できた気もします。

あまり会えないような距離にいるからこそ親子の愛も深くなっていくのかもしれないですね。

私自身も親孝行しようと考えさせられました。笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です