片寄涼太(GENERATIONS)の経歴は?頭がいいのに高校中退!?

GENERATIONSのボーカルとして世間に知れ渡っている片寄涼太さん。

甘いフェイスで虜になる女性も多く、ライブに行けば片寄涼太さんのファンの多さに驚かされるくらいです。

最近では、映画やドラマにも出演し、俳優として活躍しています。

そんな片寄涼太さんのこれまでの経歴や高校中退の情報までまとめてみました。

GENERATIONSの片寄涼太はこんな人!

  • 本名    片寄涼太(かたよせりょうた)
  • 生年月日  1994年8月29日
  • 血液型   AB型
  • 出身地   大阪府八尾市
  • 身長    180㎝

一人っ子として生まれ育ち、幼少期からピアノ、5歳から中学3年生までサッカーをしていました。

両親ともに教師であり、なかでも祖父、父が音楽教師ということもあってか、ピアノや歌が上手なのかもしれないですね。

GENERATIONSメンバーの中でも王子キャラで知れ渡っており、甘いセリフを吐くこととウインクなんかはお手の物です。

スポンサーリンク

GENERATIONS・片寄涼太は高校を中退!?

片寄涼太さんが高校を辞めたという話は、ファンの間で何度か話題になったこともあるようですが、今は浸透してきていますし騒ぐ人はほとんどいないです。

高校を辞めた、中退した、と聞くと一般的に最終学歴は中卒ということになりますよね。

しかし片寄涼太さんは、大学には行っていませんが高校を卒業したという事実はあります。

もともと片寄涼太さんは国立の共学「大阪教育大学附属平野校舎」に入学しています。

この高校は大阪府大阪市平野区にある国立高等学校のようで、偏差値は69、大阪府内でもトップクラスの高校です。

1学年3クラスと小規模校ながら、世界に目を向けたグローバル社会を学ぶ高校でもあるようです。

そして片寄涼太さんは一般受験でこの高校に合格しているので、かなりの学力を有していることがわかります。

片寄涼太さんが高校1年生のときに「VOCAL BATTLE AUDITION 2」にエントリーし、ファイナリストに選ばれます。

しかしこのオーデションでは落選、その後EXPG大阪校に特待生として通いはじめます。

ここで転機が訪れ、HIROさんの発案で作られた新たな若手グループGENERATIONSの候補生に選ばれ、通っていた高校を辞めて上京することになります。

それでも両親が教師ということもあってか、高校だけでも卒業するために東京の通信制の高校に通い、卒業したのではないかと言われています。

片寄涼太さんが卒業証明書を公式ブログに載せたことがあるので高校を卒業しているのは確実ですが、学校名が非公開なのでおそらく通信制になります。

ですから、実際のところは「高校中退」よりも、「中退後、別の高校で卒業した」が正しいと思われます。

スポンサーリンク

GENERATIONS・片寄涼太の経歴

片寄涼太さんの経歴的には、上述してある通り、幼少期からピアノ、サッカーをしています。

中学時代にはサッカーで市の選抜チームにも選ばれていたようです。

高校は大阪教育大学附属平野校舎へ入学。

その後2011年にGENERATIONS候補生となり上京、通っていた高校を中退することになります。

全国を回る武者修行を終え、2012年4月、GENERATIONS正式メンバーとしてアーティスト活動が始まります

同年11月21日、GENERATIONSは「BRAVE IT OUT」でメジャーデビューを果たしました。

片寄涼太さんは2014年7月にドラマ「GTO」で俳優デビューをします。

それからはたくさんのドラマ、映画に出演、劇場アニメの俳優としても活躍を見せてくれました。

また、GENERATIONSの曲の歌詞を手掛けたりと活動の幅は広がっていく一方です。

片寄涼太の両親や兄弟は?怖いと噂の父親は面白くて愛情深い人だった!

GENERATIONS・片寄涼太の経歴・高校についてのまとめ

片寄涼太さんの経歴や高校中退の真実などをまとめてみて、一つのきっかけから人生が変わるということがよくわかりました。

また、片寄涼太さんが英語が話せたり頭がよかったりするのも納得がいきますね。

片寄涼太さんが初めて声優を担当する映画「きみと、波にのれたら」も感動すると話題になっています。

これからの片寄涼太さんの活躍にも期待したいです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です