キングダム実写続編|きょうかい役は誰か予想!山本千尋以外はあるのか!?

原泰久さん原作の漫画・キングダム。

その実写映画の続編制作が発表され公開が待たれますが、ファンとしては気になるのは羌瘣(きょうかい)役を誰がやるのか、ということではないでしょうか!?

主人公・信のお嫁さん候補の1人でもあり、ファンも多い羌瘣(きょうかい)となれば、つい演じる女優さんへ期待も大きくなってしまいます!

キングダム連載10周年実写特別動画で羌瘣(きょうかい)役を演じた山本千尋さんも話題になりましたが、果たして映画でも山本千尋さんが羌瘣(きょうかい)を演じるのでしょうか!?

今回は映画「キングダム」続編の羌瘣(きょうかい)役は誰か、山本千尋さん以外の女優さんが羌瘣(きょうかい)役を演じる可能性についても考えてみました。

キングダムの登場人物・羌(きょうかい)とは

羌瘣(きょうかい)役を演じる女優さんの予想のために、羌瘣(きょうかい)がどんな人物なのか特徴を簡単にまとめてみました。

羌瘣(きょうかい)は歴史上では秦の始皇帝・秦王政に仕えた武将で、キングダムでも主人公・信(しん)率いる飛信隊の副長としてまだ中華統一前から秦国国王の嬴政(えいせい)に仕えています。

伝説の刺客一族・蚩尤(しゆう)の氏族・羌一族の出身で、幼い頃から後継候補として育てられ、巫舞という独特の呼吸法を使った超絶的剣技には、信も太刀打ちできません。

蚩尤にはただ1人生き残ったものだけが後継者となれる「祭」という儀式があり、そこで姉と慕う象(しょう)姉を罠に嵌めて殺された羌瘣(きょうかい)は、仇の幽連(ゆうれん)を殺すことだけを目的として生きてきた、深い闇を抱えた人物でもあります。

また、戦の戦術を立てるなど知略にも長けています。

クールな美少女ではありますが、時折見せるその年齢らしい表情や仕草のかわいらしさも、ファンの心を掴んで離さない理由の1つかもしれません。

スポンサーリンク

実写特別動画できょうかい役を演じた山本千尋が凄すぎる!

2016年4月18日に、キングダム連載10周年企画の実写特別動画が公開されました。

実写映画化の発表が2018年4月8日だったので、それよりも約2年も前のことです。

実写特別動画で主人公・信を演じたのは、実写映画でも信役を演じた山崎賢人さん。

そして羌瘣(きょうかい)を演じたのが、山本千尋さんでした。

実写特別動画で山本千尋さんが演じる羌瘣(きょうかい)の動画はこちらです。

この剣技の素晴らしさ、羌瘣(きょうかい)の再現性の高さは、当時かなりの話題になりました。

山本千尋さん、只者ではないですよね!

気になって調べたところ、山本千尋さんは3歳から中国武術を習い始め、小学生になると週6日、武術太極拳を練習していたそうです。

山本千尋さんの戦歴は、Wikipediaによると、

  • 2008年(小学6年) 第2回世界ジュニア武術選手権大会 槍術:金メダル、長拳:銀メダル
  • 2010年〜2012年 JOCジュニアオリンピックカップ武術太極拳大会 長拳・剣術・槍術:3連覇
  • 2012年(高校1年) 第4回世界ジュニア武術選手権大会 槍術:金メダル、長拳・剣術:銀メダル

という恐ろしいまでの実力の持ち主!!

その後は「スター☆ドラフト会議」へ出演したことをきっかけに、武術太極拳を広めたいという思いと、小さい頃からジャッキー・チェンさんやジェット・リーさん憧れていたことから、女優を目指すようになったそうです。

映画初出演となった2014年6月公開の映画「太秦ライムライト」ではヒロイン役に抜擢され、2015年の第3回ジャパンアクションアワードでベストアクション女優賞を受賞しています。

私は山本千尋さんが初主演の特撮アクション時代劇「BLACKFOX:Age of the Ninja」とヒロインを演じた映画「新選組オブ・ザ・デッド」を観ましたが、山本千尋さんの剣術・槍術がカッコよすぎて思わず見入ってしまいました。

映画「キングダム」の続編で登場する羌瘣(きょうかい)は、山本千尋さん以外は考えられない!と思うほどです!

スポンサーリンク

キングダム実写続編のきょうかい役は山本千尋以外にあるのか!?

キングダムの実写特別動画で主人公・信を演じたのは山崎賢人さんで、実写映画の信役も山崎賢人さんだったので、やはり羌瘣(きょうかい)は実写特別動画でも羌瘣(きょうかい)役だった山本千尋さんじゃないかと思われます。

山本千尋さんの巫舞での剣舞も見てみたいですし!

とはいえ、映画となると剣技だけでは決められないのではないでしょうか。

たとえば、

  • 特殊な環境に育ち仇討ちだけが生きる目的
  • クールで知的でありながら垣間見せるかわいさ
  • 飛信隊が自分の居場所となる変化
  • 信への恋心

など、演技の上でも求められるものが多いと思われます。

山本千尋さんは映画で何度もヒロインを演じていますし、高校卒業後はロサンゼルスのアクティングスクールで演技の勉強をしてハリウッドを目指しています。

そう考えると演技でもしっかり羌瘣(きょうかい)を演じてくれると期待できます。

また笑顔がとってもかわいいんですよね!

映画で羌瘣(きょうかい)が笑うシーンは多くはないと思いますが、かわいい笑顔が見られることもちょっと楽しみです。

Twitterでも実写動画を観ている人は、山本千尋さんがいいと思う人が多いようです。

やっぱり羌瘣(きょうかい)の再現性の高さで考えると、山本千尋さんかな、と思います。

でもその他に予想されている女優さんもいるので、その理由から羌瘣(きょうかい)役の可能性が高いと思う女優さんをまとめてみました。

 イメージ・アクション・演技力などバランスの良さなら土屋太鳳!

知名度の高さや信役が山崎賢人さんということで、ファンからも「けんたお」と呼ばれるほど親しまれている土屋太鳳さんはかなり有力じゃないかと考えられます。

土屋太鳳さんの特技は日舞・クラシックバレエ・ヒップホップダンスなど。

高校では創作ダンス部に所属、進学した日本女子体育大学舞踊学専攻に入るなど、羌瘣(きょうかい)の舞を再現できると思われる実力を持っています。

映画「るろうに剣心」などでアクションもこなせる程の身体能力の高さがあり、演技力は言うまでもありません。

Twitterでも土屋太鳳さんの羌瘣(きょうかい)役を望む声が多く上がっていました。

土屋太鳳さんならきっと期待に答えてくれると思うのですが、スケジュールが合わないのではないかという声もあり、もしかしたらスケジュールの都合で羌瘣(きょうかい)役は難しいのかもしれません・・・

身体能力の高さなら清野菜名! 

キレのあるアクションで注目されている清野菜名さん。

2020年に生田斗真さんと結婚したことでも話題になりました。

「今日から俺は!!」や「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」などのアクションシーンは迫力で、見た目がかわいいのに強すぎる羌瘣(きょうかい)のイメージにもぴったりです。

陸上競技で高校に推薦入学の話があったほど身体能力が高く、進学した日本芸術高等学園ではアクション部に所属。

高校2年の時には、アクション監督の坂口拓さんに師事していたそうです。

2014年公開の映画「TOKYO TRIBE」では、キャストのオーディションで落選したのに、アクションメンバーのオーディションでヒロイン役に抜擢されたというのですから、清野菜名さんのアクションシーンはいつも釘付けになってしまうのも納得です。

山本千尋さんの動画を見ていなければ、私も1番に頭に浮かんできた女優さんでもあるので、清野菜名さんの羌瘣(きょうかい)を観たいと思う人が他にもいて嬉しくなりました!

清野菜名さんが演じるのであれば、軽やかでスピード感のある羌瘣(きょうかい)がきっと見られるでしょう!

その他にも広瀬すずさんや平手友梨奈さん、羌瘣(きょうかい)のコスプレをしていた小島瑠璃子さんなどが上がっていました。

皆さん素敵な方なので、それぞれの魅力溢れた羌瘣(きょうかい)が見られると思うのですが、山本千尋さんの動画を見てしまうと、山本千尋さんの羌瘣が観たい、と願ってしまいます。

キャストの発表はまだですが、羌瘣(きょうかい)が誰に決まっても、映画「キングダム」の続編、楽しみに観たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です