「HiGH&LOW」達磨一家(だるまいっか)のメンバー一覧とテーマ曲まとめ!

「HiGH&LOW」シリーズでSWORDのDを担う達磨一家。

赤い法被が印象的なグループで、メンバー全員も怖い印象があります。

また、独特な雰囲気もあってどこか怪しさも感じますよね。

そんな達磨一家(だるまいっか)のメンバー一覧とテーマ曲をまとめてみました。

HiGH&LOW・達磨一家ってどんなチーム?

SWORDのDを担う勢力があります。

目的を達成するまで達磨のように何度でも蘇ることから、「復讐の壊し屋一家」とも呼ばれ恐れられる存在です。

もともと九龍グループの傘下にあった「日向一家」が、当時の最強チームムゲンを潰そうとし、逆に壊滅させられる事件がありました。

その日向四兄弟の末弟である日向紀久が復讐のために結成したグループです。

それからは、ムゲン、ムゲンの流れを汲む山王連合会に対する復讐心を原動力としています。

映画での抗争時にはアメ車で駆けつける姿がよくみられますね。

特に頭である日向は、車のボンネットに乗って登場するのがお決まりのようです。

後先考えずに闘う武闘派の達磨一家のメンバーについて詳しくみていきましょう!

スポンサーリンク

HiGH&lOW・達磨一家のメンバー一覧

日向紀久 (林遣都)

達磨一家の頭であり、日向四兄弟の末弟です。

ムゲンに敗れた兄たちを恥と感じ、その復讐のためだけに生きてきました。

しかし、ドラマ「HiGH&LOWシーズン1」にて山王連合会と抗争後から迷いが生じ、それからは協力して敵を倒すことがあります。

SWORDの祭りは達磨通せや!」が口癖になっています。

右京 (遠藤要)

くわえ煙草と銀髪がトレードマークの達磨一家幹部です。

左京と共にかつてムゲンを破門になり、ムゲンに強い復讐心を持っています。

それから日向と合流して、ともに達磨一家を結成しました。

左京 (阿部亮平)

かつてはムゲンに在籍していて、右京と共に饕餮兄弟と名乗り恐れられていました。

武闘派で達磨一家を支える日向の腹心でもあります。

コンテナ街での闘いでは重機を操縦し、敵を翻弄。

洞察力もかなり優れている人物です。

加藤鷲 (小澤雄太)

紅い髪が印象的な戦闘員で、頭である日向よりも年上です。

日向の兄たちと親交があり、暴走しがちな末弟・紀久の後見人役を頼まれて達磨一家に合流しました。

好戦的な性格で、闘いにおいては率先して敵を蹴散らしています。

スポンサーリンク

風太 (水野勝)

「HiGH&LOW THE MOVIE 2 / END OF SKY」から出演する達磨ベイビーズの1人です。

これまでの達磨一家とは違って白い法被を着ています。

達磨ベイビーズの4人は達磨一家の門番を担当しています。

雷太 (田中俊介)

この投稿をInstagramで見る

#達磨ベイビーズ #田中俊介 #水野勝

TOMOKe(@____ti8xp)がシェアした投稿 –

風太と同じく達磨ベイビーズの1人です。

風太と雷太は金剛力士の「風神雷神」から通り名をつけています。

映画内では風太と共に口を合わせてのセリフなどもありました。

阿形 (守屋光治)

画像一番左で達磨ベイビーズの1人です。

阿形は“あぎょう”と読みます。

法被の下にピンク色のパーカーを着ているイメージがあります。

吽形 (井澤勇貴)

同じく達磨ベイビーズの1人で達磨一家の門番担当です。

吽形は“うんぎょう”と読み、風太雷太同様に、金剛力士の阿形と吽形からとっています。

達磨一家内では特にに目立つことはありませんが、4人は「DTC-湯けむり純情篇-」に出演しています。

スポンサーリンク



HiGH&LOW・達磨一家のテーマ曲

達磨一家のテーマ曲はDJ DARUMA from PKCZの「VOICE OF RED feat.GS」です!

この独特なリズムと音が、達磨一家の力強さと怪しさをより引き出しています。

ファンからも「このリズムに鼓動高鳴る」と言われるほど印象に残りやすいようです。

また、このトレーラーから赤のインパクト、日向のボス感が伝わってきてかっこいいですね!

「HiGH&LOW」MUGEN(ムゲン)のメンバー一覧とテーマ曲まとめ!「HiGH&LOW」山王連合会のメンバー一覧とテーマ曲まとめ!HiGH&LOW「HiGH&LOW」シリーズ特集

HiGH&LOW・達磨一家のメンバー・テーマ曲まとめ

「HiGH&LOW」シリーズにおいて好きなグループはありますか?

今回はSWORDのDである達磨一家について、メンバー一覧とテーマ曲を中心にまとめてみましたので、ぜひこれらの情報を知ったうえで、達磨一家に注目して映画やドラマを観てみてください。

また、ほかにもSWORDのグループの記事をまとめていますので、そちらも一緒に読んでいただけたら嬉しいです。

「HiGH&LOW」に詳しくなったところで、もう一度作品を見直すというのもいいかと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です