映画「HiGH&LOW THE WORST」のあらすじ!見どころもご紹介!

9月17日に「HiGH&LOW THE WORST」の完成披露試写会に参加し、ちょっとだけ早く映画を観てきました。

ド迫力のアクションはもちろん、仲間との友情やそれ以外の大切なことも伝えてくれる映画だと感じました。

キャスト、ストーリー共に最高で、ぜひ多くの方に観ていただきたいです。

そこで今回は映画「HiGH&LOW THE WORST」の主なあらすじと見どころを簡単にまとめてみようと思います!

※ここからネタバレになりますので、ご注意下さい!

HiGH&LOW THE WORST・あらすじ

まず最初は全力で自転車に乗る花岡楓士雄とそれを追う人たちから始まります。

追われている楓士雄とすれ違い、それを追う人とぶつかったのが歩いていた尾々地真也、正也のオロチ兄弟。

そもそもなぜ楓士雄が追われていたのかというと、楓士雄が自転車をパクっちゃたからです。

本人曰く、ちょっと借りただけらしいですが。笑

それを知らないオロチ兄弟は、楓士雄を追う人たちを全員倒しちゃいます。

ここで自転車に乗っている人たちに追いつくオロチ兄弟は、どれだけ脚力が強いのかと思ってしまうほどです。

それからは楓士雄とオロチ兄弟、桐原誠司、石井マドカの幼馴染で再会、集結します。

幼馴染の1人でもある前川新太が、みんなを心配させているということも話題になります。

この後ようやく、楓士雄は鬼邪高に行くのです!

入って2週間で辞め、時を経て再び鬼邪高に戻ってきた楓士雄。

鬼邪高では高城司、ジャム男と再会し、どんな一派があるのか、“鬼邪高戦国時代”であることなど鬼邪高の状況をジャム男が説明します。

鬼邪高に来た楓士雄は轟や村山などにけんかを持ち掛けますが、結局けんかせずに話は進みます。

戦国時代真っただ中の鬼邪高にはいくつかの一派がありますね。

今まで全日を仕切るのは轟一派でしたが、楓士雄が戻ってきたことで全日の中で頭を決めることに。

そこへ村山が来て、レッドラムが出回っていることや鳳仙学園についての話題が飛び交います。

結局その場は何もなく終わりますが、自然とみんな楓士雄に付いていくことになります。

そんな中、楓士雄は街の高台で鳳仙学園の頭、上田佐智雄と出会うのです。

お互いにお互いの存在は知らないので、普通に話して仲良くなります。

しかし、一部の鬼邪高の生徒が鳳仙の生徒を襲う事件が起きます。

また同時期に鳳仙の生徒が鬼邪高の生徒を襲うという事件も。

楓士雄に付かなかった轟も、楓士雄が「一緒に来てほしい」とお願いしたことで共に闘いに出向くことに。

それぞれ仲間のかたき討ちのため、決戦の場へ足を運ぶのです。

ここで初めて楓士雄と佐智雄はお互いの立場を知りますが、仲間のこともあり闘います。

けんかの決着はつかないうちに鬼邪高の村山良樹と定時制が乗り込んできます。

しかしこれはけんかの加勢に来たわけではありません。

「けんかはいけません」と止めに来たのです。

村山は仕組まれたけんかであることを伝えます。

誰もそれを信じませんが、襲われた鳳仙の生徒が目を覚まし「襲ったのは鬼邪高じゃない」、と言ったことでこのけんかは無意味なものだと知りました。

このけんかを仕組んだのはレッドラムを売買していた“金平”という人だったのです。

その場は収まり、楓士雄は金平を相手にすることを決めます。

そこに新太が関係していることを知ったからです。

廃墟となった希望ヶ丘団地を拠点とする金平軍の元へ、楓士雄率いる鬼邪高全日制のメンバー。

また、同時に鳳仙学園のメンバーも乗り込もうとしていました。

楓士雄と佐智雄はお互いに手を結び、全員で立ち向かいます

さらにここへオロチ兄弟、鬼邪高定時制のメンバーも加勢します。

大乱闘が繰り広げられる中、楓士雄は新太の元へ行き、戻ってくるように説得します。

2人は殴り合った末に新太が落ち、外では鬼邪高と鳳仙がみんな倒して問題は解決するのでした。

そのあと映画終盤では、楓士雄と佐智雄がタイマンを張ります。

殴りかかる瞬間にシーンが切り替わってしまうのでどのような喧嘩をしたのかはわかりません。

シーンが戻ったときには地面に仰向けになって倒れている楓士雄と、ふらふらになって歩き、仲間に支えてもらう佐智雄。

それぞれ仲間に肩を借りながら歩いていましたが、2人は満足げでお互いの目を見てほほ笑んでいました。

そして、鬼邪高を抜ける村山、関、古屋の3人

これで映画の一連の流れは終わりになります。

ポイント

  1. 楓士雄、幼馴染のみんなと再会
  2. 鬼邪高は戦国時代
  3. 鳳仙学園・上田佐智雄との出会い
  4. 鬼邪高全日制VS鳳仙学園
  5. 鬼邪高・鳳仙学園VS金平軍
  6. 楓士雄と新太のけんか
  7. 村山、関、古屋の3人が鬼邪高を辞める

スポンサーリンク

HiGH&LOW THE WORST・格闘シーン

「HiGH&LOW」といえば、やっぱりド派手で迫力のあるアクションシーンは見所ですよね!

今回の映画「HiGH&LOW THE WORST」ももちろんアクション多めになってます!

特に大きなけんかがあるのは“鬼邪高校VS鳳仙学園”と“鬼邪高・鳳仙VS金平軍”の2回ですね。

鬼邪高校VS鳳仙学園

これは一部の鬼邪高の生徒が鳳仙の生徒を、同じく一部の鳳仙の生徒が鬼邪高の生徒を襲う、という事件をきっかけに起こるけんかです。

お互いにやられた仲間のためにと相手に挑むことを決意します。

ここでは予告にもあるように、高校生とは思えないくらいの大きな乱闘が起こります。

楓士雄の言う「行くぞ てめぇら!」がめちゃくちゃかっこいいですね!

そしてこのシーンで主題歌にもなっている「SWAG&PRIDE」が流れます。

曲が流れることで一層盛り上がって最高です。

しかし、このけんかは決着はつきません。

なぜなら、お互い悪くはないと鳳仙側の襲われた仲間と村山によって証明されたからです。

実は“金平”という人を中心に集まる連中が、鬼邪高と鳳仙がぶつかるように仕組んだことだったのです。

襲い掛かった連中は鬼邪高、鳳仙と名乗っていたことからお互いに勘違いしていたのでした。

そしていよいよ映画後半は金平軍に乗り込みます!

スポンサーリンク

鬼邪高・鳳仙VS金平軍

全ての発端が金平という人物の仕業だとわかった鬼邪高と鳳仙は、金平が拠点とする旧希望が丘団地、現絶望団地へそれぞれ乗り込もうとします。

団地の入り口で出くわした両者は、手を組み共に乗り込むことにするのです。

しかし、敵は金属の棒やバットなど武器を使います。

闘い、このままではヤバい、というときにSNAKE PIT」が流れてオロチ兄弟が登場。
(2019年10月10日追記 「SNAKE PIT」流れていませんでした!)

バイクでの登場はかっこいいです!

そして続いて、ダンプカーが来て流れる曲は「JUMP AROUND ∞」。

そうです!

ここで村山率いる定時制メンバーの登場です。

みんなが降りたら曲が止まり、村山の「みんないい?」からのお馴染み「行くぞ てめぇら!」がかっこいい!

全員集合して闘いが再開した時には「FIRED UP」が流れます。

おそらくこのシーンは映画一番の見所と言っても過言ではないと思います。

スポンサーリンク

HiGH&LOW THE WORST・感動シーン

「HiGH&LOW THE WORST」はアクションだけのヤンキー映画ではありません。

思わず泣いちゃうくらい感動するシーンもあります。

そのシーンは鬼邪高と鳳仙が協力して絶望団地に乗り込み、鬼邪高定時が加勢してからです。

花岡楓士雄やオロチ兄弟と同じ希望ヶ丘団地出身の幼馴染、前川新太が金平の元でレッドラムの売買に手を貸していて、それを知った楓士雄は辞めさせるために説得します。

子どものように感情をぶつけて楓士雄を殴る新太と「痛くねぇ」といって受け続ける楓士雄。

殴られながらも泣いて新太を説得する楓士雄に友情の厚さを感じ、感動します。

そして同時に幼馴染の桐原誠司は、優秀ながらも学校で暴力を振ってしまい、先生に呼ばれてしまうのです。

ここで誠司が先生に向けて言う「僕の仲間に クズもカスもゴミもいないんですよ!」というセリフとその他のいろんな言葉と映像が、殴り合う楓士雄と新太との映像と交互に流れます。

仲間を思うみんなの気持ちが一つになっている気がしてとても感動します。

泣き崩れる新太、それを見つめる楓士雄とオロチ兄弟の幼馴染組の仲間を思う気持ちが素晴らしいと感じました。

タイミングよく流れる「Nostalgie」がさらに涙を誘います。

闘いの後はボロボロになった楓士雄、新太とオロチ兄弟を、誠司とマドカが「おかえり」と言って出迎えてくれました。

映画を観る方にはぜひ注目してほしいシーンのひとつです。

花岡楓士雄に注目!「HiGH&LOW THE WORST」のおすすめシーンはこちら!鬼邪高どうなる!?「HiGH&LOW」から村山たちがいなくなる!?鈴蘭高校とは?ラストシーンは「HiGH&LOW」続編への伏線!?
スポンサーリンク



HiGH&LOW THE WORST・あらすじ・見どころシーンまとめ

ざっくりしたあらすじになってしまいすみません。

あらすじと個人的に見どころだと思うシーンもまとめてみました。

豪華な役者と楽曲ももちろんですが、ストーリー自体も奥深いものだったので多くの方に観ていただきたいと思います。

公開日がとても楽しみです!

ぜひ私が紹介したシーンにも注目してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です