花岡楓士雄に注目!「HiGH&LOW THE WORST」のおすすめシーンはこちら!

「HiGH&LOW」シリーズの最新作となる「HiGH&LOW THE WORST」は10月4日公開となります。

私は9月の17日に行われた完成披露試写会に参加してきました。

そこでちょっとだけ早く映画を観てきて、かっこいいシーンや面白いシーン、感動したシーンなど盛りだくさんな映画だと感じました。

「HiGH&LOW THE WORST」で主人公となり、物語の軸となる存在である川村壱馬さん演じる花岡楓士雄はめちゃくちゃかっこいいです!

今回は私が思う楓士雄のおすすめのシーンをまとめてみました。

※ここからネタバレになりますので、ご注意下さい!

HiGH&LOW THE WORST・花岡楓士雄(川村壱馬)のおすすめシーン1

楓士雄と書いて“ふじお”と読みます。

鬼邪高の番長となるべく、楓士雄が全日制に帰ってきます。

帰ってくるというのは、元々中学卒業後に鬼邪高校に入学、2週間で転校しているので、3年生になって帰ってきたということです。

何と言っても楓士雄は喧嘩が強いので、めちゃくちゃかっこいいです!

けんかのシーンは何度かありますが、私がかっこいいと思ったのは、序盤の鬼邪高に来た時にあります。

司、ジャム男と共に鬼邪高を回る楓士雄ですが、鬼邪高の生徒が前に立ちはだかります。

司は、今後は楓士雄のもとに付いていくことを表明すると、楓士雄に向けたヤジが飛び、司が「お前ら 死んだぞ」と言うのです。

この司のセリフは予告にもありますね。

それからはもう楓士雄の圧倒的な強さでみんなあっという間にやられちゃいます。

ここのシーンでは鬼邪高の少なくはない人数に対して、楓士雄1人で余裕そうに倒しちゃう姿が、多くの女性を虜にしちゃうほどかっこいいです!

これはちょっと違うシーンになってしまうのですが、予告にもある鳳仙学園との闘いで言う「行くぞ てめぇら!」もかなりかっこいいです!

スポンサーリンク

HiGH&LOW THE WORST・花岡楓士雄(川村壱馬)のおすすめシーン2

楓士雄は見た目もいかついし、喧嘩もかなり強いです。

こんな感じだからクールなキャラを想像するかもしれませんが、実はめちゃくちゃ人懐っこいし、よく笑う可愛らしいキャラでもあります。

これはおすすめシーンというか、楓士雄の性格を紹介するような形になってしまいますが、楓士雄がつけるあだ名が可愛いんです!

村山良樹のことを  「むらっち

轟洋介のことを   「どろっきー

上田佐智雄のことを 「さっちー

と独自にあだ名をつけています。

険悪な雰囲気の中でもあだ名で呼ぶのでちょっと微笑ましくも思えます。

この性格からか、仲間からも慕われる存在のようです。

可愛らしくて明るい性格なのにけんかは強いという、ギャップがあるから愛されるのでしょうね。

スポンサーリンク

HiGH&LOW THE WORST・花岡楓士雄(川村壱馬)のおすすめシーン3

今回の「HiGH&LOW THE WORST」では前川新太という人物が出てきます。

楓士雄と同じ希望ヶ丘団地の出身者でガラの悪い連中とつるんで仲間を心配させている存在です。

そして、その新太がレッドラムの売買にも関係しています。

物語終盤ではこの新太と楓士雄が2人で殴り合いのけんかをするシーンがあります。

このシーンが映画内で最も感動するシーンになると感じました。

そして、2人の喧嘩と交互に映像が流れるのが、同じ希望ヶ丘団地出身の桐原誠司という学生です。

新太と楓士雄がけんかするシーンに合うように、誠司のセリフがあります。

楓士雄が新太に向けて泣きながら感情をぶつける様と、新太の気持ちの変化が感動するシーンです。

自分が犯した罪の大きさ、仲間がいることに気付き、泣き崩れる新太と、そこに追い打ちをかけるようにGENERATIONSの数原龍友さんが歌う「Nostalgie」が流れます。

これはもう感動の涙が抑えられないくらいでした。

上田佐智雄の優しさと強さにハマる!「HiGH&LOW THE WORST」おすすめシーンはこちら!HiGH&LOW「HiGH&LOW」シリーズ特集川村壱馬の両親や兄弟は?弟と噂される長谷川慎との仲の良さも調査!

HiGH&LOW THE WORST・花岡楓士雄(川村壱馬)のおすすめシーンまとめ

私が個人的におすすめしたいと思った花岡楓士雄のシーンを分けてまとめました。

1度と言わず何度も観たくなるような映画で、個性的なキャラも多くてとっても楽しめます。

やっぱり1番人気なのは楓士雄だと思ってこの記事を書きました。

もちろん、ほかにもかっこいいシーンや可愛いシーンもありますので映画を観た際にはどのシーンがお気に入りか、ぜひ考えてみてください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です